採用情報

坂本 翔太郎(営業部・2年目)

ものづくりへの
熱い気持ちを伝えたい

前職はサービス業、最終学歴は外国語大学という少々異色の経歴を持ちつつ、今では末広工業で営業を担当しています。前職からの転職活動時に、出身が工業高校であることにも関連して、ものづくりに深く関わっているような会社にも選択肢を広げたことがご縁となりました。
入社後しばらくは製造現場で、実際の製品づくりを担当していました。

学校で習ったことと本物のプロが織りなす仕事の差に大きな驚きを感じながらも、これが本物のものづくりなんだと感動したのを覚えています。
今では当社が自信を持って作った製品を世に送り出す営業の仕事をしていますが、どうやって自分たちの製品が作りだされているのかを知った上での営業活動なので、現場の熱い気持ちを伝えられるように心がけています。社内においても製造現場と営業の両方を経験している社員ということで、そんな立場だからできる橋渡し的な存在になれたらと思っています。

失敗から学ぶことは多いので今のうちに失敗を

これから私たちの一員となるかも知れない方へは、「ぜひ失敗してください」という直接的な言葉でメッセージをお伝えしたいと思います。失敗から学ぶことは多いですし、失敗を許してもらえるうちにやっておくのが長い人生でプラスになることがとても大きいからです。
今は上司や先輩などと一緒に仕事をしていますが、近い将来は私の後輩となる人が入って来ることになるでしょう。もともと人にものを教えることは前職での経験もあって好きなので、後は教えられるだけの経験やノウハウをしっかりと身につけておきたいと思っています。
末広工業は確かな技術を持っていて、それがすでにお客様から評価をもらえている会社なので、やはり社歴の長い会社にはそれだけの積み重ねがあると感じています。安定した会社での人生設計を考える方にとっても、堅実で働きやすい会社だと思います。

真鍋 辰介(製造部第1課・11年目)

ミクロン単位の仕事を
究める面白さ

通っていた工業高校からの推薦という形で卒業と同時に新卒社員として末広工業に入社、今年で11年目になります。もとからものづくりが好きで工業高校に入学したので、その思いをそのまま仕事にすることができました。現在では末広工業にとって「要」の事業であるセンタレス研削を担当しており、末広工業が長年育ててきた技術の真ん中を担当する立場にあります。

この仕事は、ミクロン単位の細やかな世界が舞台となります。この精度はスマホや液晶ディスプレイなど、最先端の精密機器を製造するために欠かせないものなので、自分たちの仕事が最先端のものづくりに直結しているというのは、我ながらすごい仕事をしていると感じることがあります。他社にマネができないほどの精度を究めてきた結果が今の末広工業なのですから、それを自分が担っていくということは代わりがいない仕事をしているわけで、社会から自分が必要とされているようにも感じることができます。

素直に尋ねることで成長できる会社

自分たちが追求しているミクロン単位の精度というのは、ほんのわずかな誤差であっても製品としての品質が大きく変わってしまう世界です。それだけに仕事ではどんなに熟練している作業であっても細心の注意が求められます。だからこそオンリーワンの技術になるのですから、それを担う者の責任を感じています。
工業高校を卒業してからの「生え抜き」なので他の会社がどうなのかは分からなのですが、末広工業は分からないことを「素直に尋ねる」ことに難しさを感じない会社だと思います。何せミクロン単位の精度を実現するための技術ですから、曖昧さや早合点で仕事をしてもうまくいきません。それだけに分からないこと先輩などに尋ねる素直さが必要で、会社もそれに応えてくれます。そうやってどんどん技術を自分のものにしていくことができるので、プロとしての仕事を究めたいと思う方には、勉強しがいのある会社ではないでしょうか。
まだまだこれからも勉強することはたくさんあるので、私自身も素直に学びながら、これから学んでいく後輩にもしっかりと教えていける自分になっていきたいと思っています。

原 孝一(製造部第2課・4年目)

世界から期待される
ものづくりを担う誇り

末広工業が国内外でとても高いシェアを持っている刈払機用のドライブシャフト製造を担当しています。さらに詳しく言うと、ドライブシャフトの先端部分の加工などを担当しており、技術がものを言うものづくりの最前線で仕事をしています。

今でこそ金属加工の仕事をしていますが、前職は印刷会社で製本の仕事をしていたので、紙から金属への転身です。心機一転、ガラッと職種を変えてみたいという思いがあったので全く別の分野を志望した結果、現在の職業となりました。
私が担当している刈払機の部品については、末広工業がとても高いシェアを持っています。もちろん理由は精度の高さですが、シェアが高いということはそれだけ期待値も高いことでもあるので、世界中から期待されている部品を作っているという意識を持って仕事をしています。必要とされる、期待される仕事というのはやりがいがあるもので、これは末広工業に入社して良かったと思える点です。

良い製品を作るためのコミュニケーション

ものづくりは常に改善の繰り返しです。当社も5Sといって整理、整頓、清掃、清潔、しつけという5項目の活動や職場の改善提案などに対しては報奨金という目に見える形で評価があるので、自分の行動や提案が反映されて具体的な形で評価されるというのは次につながる仕組みだと思います。
これだけの品質を誇る製品を作るのですから、自分の仕事だけでは成り立たず、前後の工程を理解した上でそのバランスを保つことも求められます。自分が担当していない工程のことを理解するのは簡単なことではありませんが、それを補うのがコミュニケーションです。それぞれの工程を担当している人たちと、どれだけコミュニケーションを取って情報を共有できるか。良い仕事をすること、良い製品を作ることというのは、意味のあるコミュニケーションからしか生まれないと感じます。
これからもコミュニケーションを大切にしながら、世界から期待される良い製品を生み出し続けて、自分自身も期待される人材になっていきたいと思います。

腕野 奈穂(総務部・3年目)

前職と比べると決まった
勤務時間であることが新鮮

出荷の処理や輸出業務といった営業事務の仕事と、電話、来客対応やお弁当の手配など総務の仕事、その他には請求書の発行、受取手形の処理など経理の仕事といったように、社内でも多岐にわたる仕事をしています。
これだけ色々な仕事を担当しているとさぞや忙しいのではと思うかも知れませんが、毎日決まった時間に会社に来て、決まった時間に帰るという生活にむしろ新鮮さを感じています。
というのも、私の前職は芸能関係だったので朝も昼も夜も、そして休日も全く関係ないような生活でした。末広工業は私を含めてメリハリのある働き方をしている人が多いように感じるので、その点は長く働くという意味でも魅力だと思います。皆さん有給休暇もうまく消化されているので、オンとオフの使い分けがしっかりとできている会社だと思います。

女性が活躍しやすい会社であることも大切

前職での経験を踏まえて、専門的な仕事をするスペシャリストというよりも、たくさんの人と関わって役割を果たしていくゼネラリストのほうが自分に向いていると思っていたので、そんな働き方ができそうだったことが末広工業に入社したきっかけです。
女性という目線で見ると、末広工業には副社長をはじめバリバリ活躍している女性がいます。こうした人たちが切り開いてくれたこともあって女性が働くことへの理解もある会社だと思います。これも長く腰を据えて働くという意味では大切なことです。
今私がやっている仕事のほとんどは、私一人では成り立ちません。色々な部署の人たちとコミュニケーションを取ることや、まだまだ知識を身につけていく必要があると感じています。分からいないことがあれば教えていただきながら、どうすれば円滑に仕事が進むのかを改善しながら日々の業務を行っています。