技術紹介

製品技術その2
長尺、精密加工技術

「長尺のスエヒロ」というイメージをお持ちの
お客様もおられるほど、末広工業を象徴する技術です。

最長4500mmという長い製品であってもミクロン単位の真直度を実現しています。
長くなればなるほど自重などの影響を受けるため、まっすぐであることが難しくなるのが鋼の特性です。しかし、大型液晶パネルの製造ラインで使用される搬送シャフトなど真直度を極限まで高めたシャフト製品のニーズは高く、そういった分野で末広工業のオンリーワン技術が活かされています。
刈払機部品では真直度と同軸度が振動の抑制とエネルギーロスに深く関わるため、スエヒロ品質の部品を使用することが前提となっている商品もあります。

仕様:  真直度:0.1/1000mm 外径:~Φ50 長さ:~4500L

一覧へ戻る